How to moppy

How to moppy

moppyの眉毛専用ハイライトは、なりたい眉毛やお悩みに合わせて、シフォンとグローを組み合わせたり、単品でもご利用いただけます。

シフォンはマットな質感を細い芯で、細かなデザインやメリハリのあるデザインに向いています。

グローはパールの質感で扁平系の太め芯を活かして、ふわっとしたデザインやラフな女性らしい眉に向いています。

ハイライトを入れる場所、量によってデザイン出来るので、ぜひ気分に合わせて使い分けてみてください。

 Instagramの公式アカウントでも使い方を掲載しておりますので、ぜひご参考ください。

 

let's how to moppy!イラストのベージュの点線がシフォン・ピンクの点線がグローを入れる位置です♩caseを組み合わせてのデザインも、もちろんできます!

 

 Case.1 描きやすくしたい

シフォンとグローでガイドラインをつくる。それを目安にペンシルやパウダーで描く。シフォンはチップでぼかして、グローは指でポンポンとお肌に馴染ませる。

Case.2 透明感が欲しい

眉尻下にグローを入れて指でポンポン。毛穴がカバーされ上品な透明感がでる。どんなメイクにもオススメです。

 

Case.3 アーチ眉にしたい

眉下のラインにシフォンでアーチのラインを描いてから、ペンシルやパウダーで眉を描き、チップでぼかす。仕上げに眉尻の下にグロー乗せて指でポンポン。

 

Case.4 平行眉にしたい 

 上ラインにシフォンで平行な線をさっと描く。ペンシルやパウダーで眉を描いたら、チップでぼかす。仕上げの眉下に入れるグローも、上ラインと平行を意識していれると◎

 

Case.5 立体感が欲しい

いつも通りの眉メイクをした後にシフォンで囲む。立体感が生まれ気品のある印象に。

 

Case.6 眉頭を薄く描きたい

眉頭の上にシフォンを。パウダーやペンシルで描き足すのは最小限にし、眉毛の印象は薄いまま立体感を与える。引き算メイク。

 

Case.7 筋肉を目立たなくしたい

眉上の筋肉が気になる部分にグローをオン。パールでカバーされ筋肉の盛り上がりが目立ちにくくなる。

 

 

Case.8 彫り深顔を優しくみせたい

眉頭下斜めにハの字にシフォンを使用。彫りを浅くみせて柔らかさがでる効果。